calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

この半年分の投稿&#9825;vol.2

さてお正月の投稿以来この半年何やってたかなーと思い出すと、相変わらず色々なことさせて頂いてました。
色んなレコーディングや収録に色んな編成で参加させてもらったり、相変わらず色々なライブに参加させて頂いたり。(リーダーライブさぼっててごめんなさい!)

新規だと伊藤多喜雄さんのバンドに参加させて頂いて根室、銚子や茨城にお邪魔したり、溝の口でのコンサートにも参加させて頂いて和楽器の方々とも仲良くなりました。
和楽器やっぱりステキですー!!しかも邦楽だけに留まらないメンバーなので、もうそのセンスたるや!
ジャズや他の音楽もものすごく詳しいですしアドリブなんて当たり前。
コード譜で会話出来るし五線も読めちゃう。私なんて邦楽の楽譜読めません!
しかも和服を着慣れてる男子、、、カッコ良すぎる!

そして地元苫小牧の一番上の先輩ミュージシャンである伊藤多喜雄さんご本人。
よく耳にするソーラン節を唄っている民謡歌手、といえばハッと思われるでしょうか☆

いま若者や子供たちって運動会でソーラン節を踊ってるんですって。
大学での特別講義にも参加させてもらったんですが、多喜雄さんが記念にって突然学生さんを立たせて、「構えっっ!」

その言葉で全員バッッと最初のポーズが出来たんですよ!
日本全国色んな地域から来てる大学生ですよ!
で演奏したらキチンと踊れるんですよ!

私はソーラン節世代ではないので知らなかったのですが、金八先生で上戸彩ちゃん時代の頃に取り上げられたことがあって、それがキッカケだったようです。

そもそもこのソーラン節、稚内の南中学校を更生っていうんでしょうか、生徒に何か一生懸命やらせるために多喜雄さんが民謡のソーラン節をロックアレンジして提供し、先生たちが踊りを作って取り組ませ、なんと民謡の大会に出演するまで生徒たちが頑張って、その経緯がテレビで取り上げられたという実話を金八先生がドラマ化したものだそうです。
楽譜にはホントに「南中ソーラン」とタイトルが付いています。

ちなみに多喜雄さんは苫小牧の錦岡というはずれの町の出身で、実はこの錦岡の中学校の初代の校長先生が私の祖父☆

どこでもそうだったと思いますが当時の先生業は生徒だけじゃなく、生徒家族、地域住民のことをよく把握して、あと貧しい時代だし田舎だしで地域のために一生懸命色々して来た部分もあったようで、祖父は叙勲されたり、亡くなって20年経った今でも先生、先生と覚えていてもらえてます。

多喜雄さんが中学校に上がる前に祖父は他の学校に異動になったんですが、もちろん多喜雄さんのこと覚えていて話してくれたこともありました。
多喜雄さん12人兄弟の末っ子で、上のご兄弟とうちの母や叔母は学年は違うけど、祖父も親戚も「あー伊藤さんとこの◯◯さんー」とか普通に覚えてる感じ。

そんなこともあり、私も込み入った話も方言も通じるし、多喜雄さん自身のお話もすっごく面白いので、多喜雄さんとオシャベリするの大好きです&#9825;

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック